職業訓練校 早期退校について

職業訓練

通い始めたけど・・・思っていたのと違った・・・!合わないかも・・・・。
そう思い始めた方へ!!

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

私も職業訓練校経験者なのです。

職業訓練校の早期退校についてまとめました。
早期退校は、大きく以下の5パターンにわかれます。

①就職退校
②自主退校(自己都合退校)
③出席率不足による強制退校
④訓練校が定める認定試験に不合格の場合による強制退校
⑤その他の理由による退校

退校パターン

①就職退校

職業訓練校を修了するまでに就職をした場合。この場合は、公職訓練校では早期修了となる場合があります。
一方で、求職者支援訓練の場合は自主退校となります。

早期修了と認められた場合は、修了証書を貰えるなど、履歴書に書くことができます。
※就職者支援訓練でも全出席日数の8割を超えてたら、早期修了となる場合もあるそうです。

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

就職するための訓練校なので、就職先が決まったことはとてもめでたいことです!!

②自主退校

病気、引っ越し、思っていた授業ではなかった、人間関係などで辞める方は自主退校となります。
通ってみたけど、なんか違う…。環境が合わないなど…。
実は、人間関係が合わなかった…など。理由は様々です。

A子
A子

実は○○ちゃんがホントに苦手・・・・。

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

どうしたよ!?

ポムちゃん
ポムちゃん

人間関係がうまくいかなくて・・・という退校理由はよくあるみたいですよ!

これまで交わることなかった人々と長い時間を共にするので、合わないこともあります。
あまり気に病むことはありません!体に無理せずに!

③出席日数が足りずに強制退校

職業訓練校に申し込みをする時点で、出席率に関してはハローワークで厳しく言われます。必要出席率の8割を切る恐れがある場合は、前もって先生方から面談をされます。いきなり強制退校になることはありません。

④訓練校が定める認定試験に不合格の場合による強制退校

認定試験があるかどうかは授業内容により異なるので、ハローワークで聞いてみましょう。

⑤その他の理由による退校

妊娠など修了しても就職活動できない場合は自主退校となります。

退校の手続き

事務局に、退校の旨を伝え、先生と面談を行います。
引き止められたりっということは少ないようですが、次の項目の委託費に関係する場合があるので
学校によるかもしれません。
書類一枚記入して、あとはハローワークでも同じ手続きをします。
訓練校用に一枚と、ハローワーク用に一枚提出します。

早期退校の場合の手当等は?

公共職業訓練の場合は、雇用保険受給資格がある人なので、雇用保険は最後までもらうことができます。
雇用保険以外の受講手当や通所手当等が打ち切りということになります。

求職者支援訓練の場合は、求職者支援制度が打ち切りになります。
もう学校に行かないのだから当然の内容ということになります。

職業訓練校を卒業するメリット、途中退校するデメリット

B男
B男

職業訓練校を卒業したら何かメリットあるの?

職業訓練校を最後まで通うメリット

職業訓練校を卒業すると、認定証をもらえます。卒業証書のようなものです。
最後までやりとげたという証です。
自分にとって一区切りついたという安心、そして数か月間頑張って学んだという自信になりますね。

また、必要な資格をとことん受験することができます。
職業訓練校では、「この資格を取るために勉強します!」とう目的があったとします。その資格はほぼ全員が取得できると思います。さらにそれに付随した資格も取ることが可能です。

この機会にもっと理解を深めたい!もう少し難しい資格も欲しい!などなど。
先生方に相談してみるとよいと思います。

今は働いておらず、勉強に集中できる期間だと割り切って、いろんな資格取得をする良い機会だと思います。

・認定証をもらえる。
・資格をいくつか取得できる。
・履歴書に職業訓練校を卒業したことを記入できる。
・就職先を紹介してもらえる可能性がある。
・仲のいい人ができる。
・働く時期を選べる。

ポムちゃん
ポムちゃん

空白の期間がないように履歴書を埋めることができるわけだね!

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

仲間とより一層仲良くなったり、先生方とも仲良くなれるので、卒業後のサポートもある可能性がありますよ。

途中退校した時のデメリットは・・・

人間関係や出席日数が足りなくて途中退校した場合は、面接時にマイナスになる場合があります。
この人は雇ったとしてもまたすぐに辞めるのではないか?という印象を与えてしまう恐れがあります。

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

雇用主からすると、長く続けて働いて欲しいもんね…。

だとしても、人間関係で悩んで病気になりそうなぐらい嫌だったら無理は禁物です!!

人間関係で途中退校したことを履歴に残さないでおけばいいだけです。
退校時の書類に途中退校理由を記入し、ハローワークと職業訓練校に提出することになるので、そこに人間関係と書かなければよいだけです。ハローワークと求人募集している会社でどういったやり取りをされるのかわかりませんが、のちのち面接で不利になりたくなければ、他の理由をこぎつけるしかないと思います。

就職が決まって早期退校する場合のデメリットは?

本人にとっては何のデメリットもありません!!

ただ・・・せっかく仲良くなれそうだった仲間と離れ離れになることや、訓練校を卒業して、ゆっくりする暇もなくすぐ就職することになる。
という流れになるのでゆっくりできない!ということだけですかね。

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

どうしても早期退校したい場合は、頑張って早く就職を決めることだね!!

ちなみに私も早期退校者です。
早めに就活したほうがいいよーと学校に煽られ、あれよあれよとすぐに就職決まりました!笑

勉強は途中でしたが、ポートフォリオもできていたし、あとは独学でなんとかなるだろうと思いました。あまり学校という雰囲気が苦手なのもあったし、目的がすぐに決まっていたので問題なかったです。

たぶん一人決まれば、みんな焦ってどんどん決まっていきます。

中国・四国の転職エージェントは『クリエ転職ネット』

就職が決まって早期退校する場合の社会的なデメリットは、何もない!

B男
B男

最後まで通ってほしい・・・みたいな空気があるんだけど・・・。先生方もそう言っていたし・・・あれは何で??

ポムちゃん
ポムちゃん

実は運営側にはそうして欲しい理由があるんです!次の章で説明しますね!




運営の裏側〜職業訓練校の委託費の仕組み〜

民間の教育訓練機関が厚生労働省から職業訓練を委託された際、「委託費」というものが国から支払われます。
そして委託費は、原則として「訓練実施経費」「就職支援経費」から成り立ちます。

委託費=訓練実施経費就職支援経費

訓練実施経費、就職支援経費ともに、基本的に訓練生一人一月ごとの計算方法をとっています。
また、所定訓練時間に満たない人や途中退校者がいる場合は減額されます。

就職支援経費とは就職率の向上を図ることを目的に支払われるものです。ただ、支払いには以下の条件がつきます。

・訓練修了後、3か月以内に就職した者
・訓練修了後、3か月以内に自営を開始した者

※自営業の場合は、訓練終了後3カ月以内に設立又は開業し、かつ法人設立届出書又は個人事業開廃届出書の写しを提出した者に限るものとする。

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

え??
自営業の方も運営側にはウェルカムなんだね!

ポムちゃん
ポムちゃん

詳しくは、ハローワークで聞いてみてくださいね!

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

裏側を知ると、どういう人が職業訓練校の試験に受かるのかだんだんわかってきたなー。

卒業後3か月間はハローワークの方からも就職斡旋や面談などが続きますよー!
大事な三か月間ってことです。

この条件を満たす人を「就職者」と定義し、以下の算定式にて就職率というものを計算します。
※就職先は雇用保険をかけてくれることが必須となります。

就職率(%)=就職者÷訓練修了者×100

この就職率に応じて就職支援経費の支払額がかわります。

つまり、就職率が高いほうが支払額が多くなるということです(上限あり)。
このようなしくみが、国(厚生労働省など)と民間の教育訓練機関とで成り立っています。

学校側は
職業訓練校を最後まで出席してほしい!

かつ

3ヶ月以内に就職して欲しい!
とゆうこと。

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

運営側からすると…そうだよね。
経費も人件費もかかってるんだから…。

だからといって
卒業するまえから就職活動をしていた場合、
人材不足の会社はすぐにでも働きに来て欲しい!とゆう話しは多くあります。

そこで職業訓練校を最後まで通いたいからと言って
会社が待ってくれる場合もありますし
採用を逃すパターンもあります。

最後まで授業受けたい!

ていう気持ちがあって、あまり学校のことばっかり考えても、すぐ働ける人の方が採用になったりするかも・・・

C男
C男

えー!?採用を逃すかもしれないってこと!?

一般的には、入社まで約1か月ほど待ってくれる会社は沢山あります。
しかし、どうしてもすぐに人材が欲しい!!という会社もあります。

「すぐにでも!明日からでも人材が欲しい!」という会社は、①繁忙期に差し掛かっている場合。
もしくは②前任者がいきなり辞めた場合。のどちらかだと思います。

②の「前任者がいきなり辞めた」という場合には、会社側にも問題点がいくつかある可能性があるのでよく考えたほうが良いと思います。
退職する場合は、最低でも約1か月の期間があると思います。その1か月の期間がないということは、引き継ぎもされておらず、会社もバタバタの可能性がある…ということです。

ポムちゃん
ポムちゃん

いきなり辞めるなんて…何があったの?って感じだよね。

入社まである程度、期間を待ってくれる会社なのか。それともすぐに入社して欲しい!という会社なのかどちらか確認すること。
後者の場合は、もしかしたら就業環境が整ってないなど、会社に問題がある場合もあることを心の隅に置き、よく考えること!

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

私の場合は、本当に会社の繁忙期でしたー!


卒業後は3か月もあるので、最後まで学校を通い、その後は旅行へ行ったりなどゆっくりしてその後就活するというのもいいかもしれません。
人生においては束の間の休息です!時間を有効的に使いましょう!

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

平日に旅行へ行き放題ですし!
帰ってきて就活しても間に合いますよ!




タイトルとURLをコピーしました