【妊活にいい食べ物】漢方にも使われてるスーパーフード~棗(なつめ)~

2018年9月10日





ちゃいてぃ
最近ハマってる食べ物でーす!!

棗(なつめ)とは

東洋のパワーフード!!

漢方や薬膳などで重要な果物と考えられている存在で、近年の日本では果物というよりも健康維持に役立つ食材として最注目されています。サムゲタンなどの薬膳料理に利用されていることが知られたためか、美容・健康維持・精神安定など様々なメリットも紹介されていますね。

中国では古くから「一日食三棗、終生不顕老(ナツメを1日に3つ食べると老いない)」という言葉があり古くから老化防止食材として愛され、楊貴妃が食べていたとも伝えられています。
またナツメの果実を乾燥させた生薬“大棗(タイソウ)”は日本薬局方にも収録されており、葛根湯など馴染みのある漢方薬にも配合されています。

ちゃいてぃ
実は漢方屋さんで教えてもらったの!
美味しいから毎日食べてる!

棗(なつめ)がいろんな意味ですごい!

漢方屋さんでいろいろ説明されたけど・・・覚えきれなかったので・・・
再度、何がすごいかってまとめてみました。

精神面の安定

ビタミンとミネラル豊富な棗。
ビタミンB群に含まれるパントテン酸は精神安定やストレスを軽減する効果があるとされています。パテント酸とは、抗炎症作用や抗ストレス作用などをつかさどる副腎皮質ホルモンを作り出すサポートをしています。
基本的には体内でパントテン酸は合成されるため普通の生活をしていて不足する事は無いのですが、アルコールやカフェインをよくとる人はパントテン酸の消費が多い為不足がちといわれているそう。

また、ミネラル含有量は果物の中でトップクラス!
カルシウム、マグネシウムを多く含んでいることからイライラや鬱、精神安定、不眠に効果的な食材です。
さらにオレイン酸アミドという成分も含まれており、気分障害の改善や睡眠導入を促進する効果もあります。

ちゃいてぃ
女性は気分の起伏が激しい時期があるから、良さそう!!

アンチエイジング効果!体内の若返り!

棗にはサポニンという成分が含まれていることからアンチエイジング効果も期待できます。
サポニンとは抗酸化作用を持ち、活性酸素を除去してくれます。活性酸素は老化や、がん、シワ、しみ、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病の原因となります。年は老いるけど、体内はせめて若返りたい!!って思う方は多いです。不妊治療者にとっても体内の若返りはとても重要になってきます。

ちゃいてぃ
抗酸化作用で若返り!!

女性に不足しがちな鉄分も葉酸も含まれてる!

乾燥なつめには鉄分と、血液を作り出す葉酸が含まれています。葉酸は水溶性ビタミンで、赤血球を作り出すのに欠かせない成分です。
鉄分の吸収をよくする効果もあり、より貧血や鉄欠乏症に効果があるとされています。乾燥なつめを食べるだけで二つの相乗効果をえられるので、鉄分不足がちな方にオススメです。
不妊治療中の女性や、妊婦さんには必要な成分です。

 

カリウムはなんとデーツの約1.5倍!ダイエットとむくみ防止!

カリウムは余分な水分を排出し、むくみを予防します。
ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制し、尿への排出を促す動きがあり、高血圧を予防する効果があると言われています。
また、食物繊維はドライフルーツの中ではトップクラス!
水溶性植物繊維がプルーンの2.5倍。腸内環境にも優しい食べ物ですね。

ちゃいてぃ
よくむくむから、これは嬉しい!!

冷えの改善(血流改善)

血液の循環を良くするビタミンPも含まれているそう。
そしてまたまた出てきたサポニンは血液の状態もよくしちゃいます。
ストレスによる血行不良や血液の不足も補えちゃう、そして冷え対策にもなります。

ちゃいてぃ
サポニンすごい!!

棗(なつめ)とデーツは違う

ちゃいてぃ
棗とデーツって言い方が違うだけで、同じでしょ?

【スーパーフード】と言われはじめて、知る人も出てきたデーツ。

ナツメはクロウメモドキ科の落葉高木に分類されます。一方で、「デーツ(Date)」はナツメヤシの果実です。
英語の場合でもナツメはジュジュベ(Jujube)もしくは“チャイニーズデーツ(Chinese-date)”と似た名前で呼ばれますし、私たちが目にする機会の多いものは乾燥されているため外見も似ています。しかしナツメがクロウメモドキ目であるのに対しナツメヤシはヤシ目と、植物分類的にはかけ離れた存在です。

果実の形状もナツメは長さ2~4cmほどのコロンとした形であるのに対し、デーツは長さ3~7cmでやや細長い形状、風味としてはナツメがさっぱり系、デーツはねっとりとした強い甘味があるのが特徴。

デーツはイラクやアラブ諸国、西は北アフリカのモロッコまでの広い地域。
一方で、ナツメは中国である。

ちゃいてぃ
似てるようで全然違う食べ物だった!

棗(なつめ)とデーツ・・・どっちがいいの?

実は、世界三大美人のクレオパトラも愛した食べ物だと言われるデーツ。

ちゃいてぃ
棗さんが楊貴妃なら、デーツはクレオパトラかい!
やってらんねー!

どこで調べても似たような栄養成分ですので、ここは割愛させていただきますが・・・

デーツより棗(なつめ)の方が栄養成分は高い!!!!

ちゃいてぃ
デーツさん・・・
申し訳ございません。実は棗さんの方が栄養成分は高いみたいです・・・

デーツには申し訳ないことになってしまいましたが、
デーツの方が甘みが強いみたいですね。

そこで・・・

◆デーツのちょこっと情報◆
ウスターソースの日本風アレンジとして日本で売られている豚カツ用のソースやオタフクソースのお好み焼き用ソースには、デーツを原材料の一つに使っているものがあるそう。これはデーツを使うことによって、これら独特のとろみや甘味が出るからだそうです。

棗(なつめ)の食べ方

・そのまま食べる
⇒私はいつもそのままドライフルーツみたいに食べてます。

・スープなどに入れる。
⇒火鍋に入ってます。
刻んで紅茶にいれたりしたら美味しいです。
またショウガ湯にいれたり、工夫もできます。

こんなにいいことづくめですが、一度に大量に食べることは、胃腸へ負担がかかります。
一日3個~5個を目安に食べてみてください。

 

検索

◆プロフィール◆

ちゃいてぃ

チャイラテが好きな広島県在住の30代主婦。
現在、フリーランスとして働いています。
20代の頃の婚活経験をエッセイにしたものや、結婚生活、WEB制作の備忘録、
在宅ワーカーになるために日々奮闘している様を綴ったブログです。

ぱちょたつ

ちゃいてぃが犬が欲しすぎて妄想上に生み出した犬の妖精。
ぷりてぃフェイスとは裏腹に毒舌とツッコミが得意。

Twitterはこちら
twitter-bana