全身に潤いを!今話題のオーガニックヘアバームを使ってみた!

2018年11月6日





美容師さんが絶賛していたヘアバームを使用してみました。
乾燥してくるこの時期にヘアバームは使えるらしい!

ヘアバームって何?

ワックスの一種なのだけど、天然由来の植物を原料としているいわゆるオーガニックなヘアスタイリング剤
オーガニックな原料を使用しているためスキンケアもできる一石二鳥で健康志向の高いものがヘアバームと呼ばれています。
主に、シアバターやホホバオイル、マカデミアナッツ油などが原料となっています。

ちゃいてぃ
女子が好きなオーガニック商品よ!
ぱちょたつ
肌に優しいってだけで長く使えそうだね!

ザ プロダクトワックスを購入してみた!

美容院へ行ったときに、使ってみて良さそうだったので
後日ネットでポチりました。

その名は『ザ プロダクトワックス』!

ちゃいてぃ
こちらもヘアバームなので、なにやら髪だけでなく手や唇などの保湿クリーム代わりにも使えるらしい!

ザ プロダクトワックスの詳細

自然由来原料だけで作られた
肌、ネイル、リップまでケアできる
オーガニックヘアワックス

ヘアスタイリングはもちろん、髪・肌・リップ・ネイルなど全身に潤いを与え保湿ケアできるマルチなアイテム。デリケートな赤ちゃん肌の方にも。柑橘系の爽やかな香り。コンパクトなサイズで持ち運びにも便利。外出先でもこれ一つでヘアスタイリングから、あらゆるケアに活躍するマルチバーム。

使い方

指先に少量を取り手のひらで十分にのばし、手の体温でオイル状になるので、それから毛先など部分的につける。
ヘアスタイリング、ヘア&スカルプトリートメントとして。リップケア、ハンド&ボディクリームとして、かかと・ひじ・ひざなどの角質の保湿にも全身にご使用いただけます。

5つの原料

シアバター[USDAオーガニック認証]
髪や肌など全身を保湿し、紫外線などによる外的ダメージから保護するアフリカ産の植物性油脂です。原産国で珍重されているシアバターの木。その種子から作られるシアバターは幅広く愛用されています。

アロエベラ[USDAオーガニック認証]
アロエベラはビタミン・ミネラルを豊富に含み、髪だけでなく頭皮や肌に健康的なうるおいを与え、しっかり保護します。髪に輝きとはずむような弾力をもたらします。

ビタミンE(トコフェロール) [自然由来]
自然由来のビタミンE(トコフェロール)は、髪にツヤとコシを与えます。また、髪をダメージから保護します。

ビーズワックス(ミツロウ)[ワイルドクラフテッド]
野生のミツバチの巣から採取した天然のロウ成分。髪にボリュームを与え、スタイリング力を高めます。また、髪にうるおいを与え輝きをもたらすと同時に、毛幹をコーティングし、ダメージや枝毛を抑えます。

タンジェリンエッセンシャルオイル
上質なエッセンシャルオイルです。柑橘系の爽やかで自然な甘さのある香りはリラックス効果をもたらします。

市販店舗
ソニプラやLOFTにありました。

使用感・感想

セットワックスというよりはつや出しや保湿効果の方が高い。
硬めのセット感ではなくナチュラルな感じ。
髪のパサつきを抑えて、登頂部のアホ毛などのゴワゴワした毛やパサついた髪をナチュラルに抑えてくれる。
ハンドクリームやネイル保湿にも使えるくらい優しいものなので、乾燥や手荒れがある場合も安心して使える。
柑橘系の匂い、アロマを使ってるかのような匂いで癒される。

ちゃいてぃ
髪の毛をセットした後にそのまま手先のケアで手になじませることができるので、本当に一石二鳥!!
いつもスタイリング剤を使用したときは、石鹸でゴシゴシ手洗いしてたけど、不要になるんだよ!
ぱちょたつ
冬カラーは色のトーンが下がるから、これから重要なのがツヤ感!だね。ぱちょもツヤツヤの髪の毛の人が好きだ!

オススメポイント

  • アホ毛を自然に抑える
  • 髪の毛に艶を出してくれる
  • パサつきなどの乾燥を抑える
  • ワックスつけてます感がないナチュラルな仕上がり
  • ヘアセット後にそのまま手の保湿に使用できる
ちゃいてぃ
いいことしかない!
ぱちょたつ
ただし、あくまでもナチュラル系なセット感なので硬めにスタイリング剤したいときは、不向きかもしれないからよく考えて使ってね!

検索

◆プロフィール◆

ちゃいてぃ

チャイラテが好きな広島県在住の30代主婦。
将来在宅ワーカーを目指し中。
20代の頃の婚活経験をエッセイにしたものや、結婚生活、WEB制作の備忘録、在宅ワーカーになるために日々奮闘している様を綴ったブログです。

ぱちょたつ

ちゃいてぃが犬が欲しすぎて妄想上に生み出した犬の妖精。
ぷりてぃフェイスとは裏腹に毒舌とツッコミが得意。

Twitterはこちら
twitter-bana