仕事しながら不妊治療!妊活も仕事もあきらめない!

子育て・妊活

仕事しながら病院へ通い続けることは可能か?

不妊治療の内容

「妊活」というと、まずは個人で基礎体温を測ることから始まり、排卵日を予測していくという方法をとることから始まると思いますが、年齢のことや子宮の状態に対して時間の余裕がない場合は、病院に通い、不妊治療をすることになります。

30代半ば前後の人は、半年を目途にして妊娠しなければ、不妊治療をすることを検討したほうがよいと思います。

主に不妊治療の内容としては、現在の状態を調べる検査や、排卵日を調べたり、薬を使用して排卵の調整をしたり、人工授精や体外受精などです。

個人的な経験ですが、30代前半から不妊治療始めますと、まずは検査して、現状を調べます。排卵は正常に行われているのか、卵子の数はどのぐらいあるのか。卵管は通っているのか。
不妊治療専門の病院ですと、かなり詳細な検査ができます。血液検査などである程度数値を調べることができるので、不妊の原因がある場合はこの段階で推測されます。
検査の内容は費用によりかなり差があります。着床に影響を及ぼすビタミンDの数値や着床の窓はいつなのか…など。過去難しかったことが、近年は費用をかければ検査することが可能となりました。

タイミング療法をしていく中で、結果がでない場合や希望により、人工授精へと移行していきます。
人工授精は最大7回までと言われています。病院によりますが、7回以降は可能性が低いとされています。

7回目で妊娠した人は知人で聞いたことがありますが、年齢が若くない場合は早めに体外受精へステップアップするよう促されると思います。

通院の現状

私は本気で妊活を考えた時に、病院へ行く時間がない!という事実に直面しました。

まずは、不妊治療病院に限らずですが、病院が混んでいます。実績のある病院ほど混んでいます。
混んでいるからといって実績のない病院に行くのはオススメできません。

もし病院の近くで勤務していても、「1時間ぐらいさっと病院行ってきます!」では難しい場合も…。
薬局まで行ってると2~3時間はかかります。

実績のある有名な病院が近くにない場合は、通院するのに一日がかりとなるでしょう…。

排卵日を調べるタイミング療法などの場合は、排卵日が近くなると、1日置きなどたびたび来院する必要が出てきます。なぜなら排卵日を知ることが最大の治療方だからです。

妊活のリアル小言

まずは病院が遠い場合があり!近くにない!
病院の待ち時間が長い!
薬局でさらに待つ!
子宮の状態を見るのに排卵日前は通院頻度が多くなる!

管理人が直面したのは…

管理人こと、ちゃいてぃが直面したのは、しわ寄せが生じることによる人間関係のぐちゃぐちゃ。

当時、職場には新婚さんが多数いかったため、不妊治療のために病院に行きたいとは言えず・・・

まずは「不妊治療をしている」と言いにくい!
それは、自分の年齢だったり、結婚してしばらく経つ場合など。若くて新婚なほど、「妊活してまーす!」という軽く発言できる。


他の人が病気でお休みや早退をしていた時に愚痴を聞くこともしばしば…

病気ならしょうがないけど、
『すみません。ご迷惑をかけます。』とか言ってくるよねー。普通!
しわ寄せが半端ないわよ!

同僚が病気であるにもかかわらず…自分のことしか考えていない愚痴!!笑

私も仕事場に迷惑をかけるかも…、とういう心配からストレスを感じはじめました。

当時勤めていた会社は地方では有名なブラック会社と言われるほど。業務量が多く、みんな人のことなど心配できる環境ではありませんでした。(※部署にもよりますが、中小企業では多いです。)

上司も業務内容についてはお手上げ。社長のワンマン状態なので誰も業務改善など口に出すことも許されませんでした。
「社長がそう言っているから!」
「社長が言う通りにしないと!」

新しい上司に変わって、やり方を変えようと試行錯誤をしますが、中間管理職としてもどうにもならないとう現実に直面したのか数か月経つとみんな社長の言いなりになっていきます。
文句や愚痴を言うのは下の者だけ。

長年勤めていただけに、みんなの相談役となっていました。
「残業がきつい!」「誰々さんの仕事が遅い!」
誰かが抜けたら、誰かが穴埋めしなきゃいけない!
そんな環境では気持ちも休まりませんでした。

妊活のリアル小言

・仕事が忙しい。
・人が足りないので休みが取りにくい。
・早退できない。もしくは早退しにくい。

毎日毎日残業と愚痴で
家に帰っても何もやる気が起きず・・・

ストレスは妊活には大敵!
という言葉を目にすると

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

もしかして働くことがストレスかも…

もし仕事終わりに病院に行ったとしても今度は待ち時間などで帰りが遅くなり、家事がひとつもできない日々が続きます。
夜遅くまで空いている歯医者に通っていましたが、このような状態でした。

さらに帰りの電車は満員・・・。
家に帰ると、旦那もクタクタで帰宅。
家事をどっちがやるかという喧嘩が続きます。

終いには「仕事をやめたら?」と言われ・・・

ちゃいてぃ
ちゃいてぃ

ええええええー!!!!

夫に相談すると本能的に解決しなければならないという思考が働き「yesかnoか?」という選択になりますのでお気をつけください。

相談をただ聞いて欲しいし、アドバイスが欲しい!
その場合は、ちゃんと最初にいいましょう!

結果ちゃいてぃは、夫に相談してまんまと仕事を辞める決意をしました。笑

妊活のリアル小言④

夫に仕事の相談はするな!

仕事しながら病院に通うには…?

職場にもよりますが、職場環境が良くて長年勤めている場合は、上司に相談すれば問題ないと思いますが…私のように悩んでこの記事に行きついた方は、おそらく職場環境が悪いのでしょう…。

産後も長く勤めたい場合は、以下の方法をお勧めします。

・上司に相談 ⇒産後も長く勤めたい意思をぶつける
・同僚に思い切って言う ⇒文句を言いそうなお局さんなど
・何と言われようがめげない ⇒妊活以外にも40歳以降の女性は子宮系の病気になる人が多いのでお互い様。気にしない。
・上司に相談してリモートワークに切り替えてもらう。

上司によほど嫌われている場合を除いて、新しい人材を一から育てるよりも長く働いてきてくれた人にこれからも頑張ってほしいのです!
なので、まずは上司に「私はこの会社が好きです!この環境が好きです!ここでずっと働きたいんです!」とアピールして迷惑をかけることも伝えてください。

次に文句を言いそうなお局様に、「本当に悩んでいるんです。なかなか妊娠できません。」と不幸な人を演じます。だいたい人の不幸が好きなので、可哀そうに…と思わせる。早退して迷惑をかけるときも、気にかけてください!お菓子をあげてください!ひたすら媚びをうります。

あとは本当に気にしない!!
産後も働くとしたら、子供は小さいときは必ず風邪をひきます。育休が空けても、急な休みを取ることは必然的です。まわりを気にせず堂々と早退すればいいし、休めばいい。
みんな自分のことしか考えてないのだから・・・
ただし、迷惑をかけてすみません。という謙虚な姿勢で過ごす。業務もできるだけ頑張る!

業種にもよりますが、リモートワークが今の会社で可能であれば、リモートワークに切り替えるべきです。リモートワークが合っている人は、会社にいるときよりも作業がはかどりますし、嫌な人間関係とは無縁になります。

もし今の会社の福利厚生がよい場合は、辞めるのがもったいないと思うのでストレスのない方向で仕事をできないか動いてみることをお勧めします。

産後を見据えた転職をする


「私はこの会社が好きです!この環境が好きです!ここでずっと働きたいんです!」

Aさん
Aさん

ごめん!無理無理!

嘘でもそんなこと言えない!

「よくよく考えたら、産後もずっとこの会社で働くなんて虫唾が走る…無理です!!」

「職場の人に、妊活してるって言いたくない!不妊治療してるって言いふらせる子は年齢にも余裕があるのよ!言ったらさらに自分を追い詰めるから!」


という人は転職を考えてみてください。

「リモートワーク」「在宅ワーク」で探してみる。「フレックス」、「スーパーフレックス」で職場を探してみる。


転職となると時間がかかるので、あれもやってこれもやってもう疲れてしまった…という場合に、一度妊活から離れてみて先に職場環境を整えておく。採卵だけでも先に済ませて、あとは時期を見計らっておく。という手も考えられます。

仕事を辞めた場合と続ける場合を考える

なかなか妊娠せずに、仕事と病院の調整をし続けているとだんだんとしんどくなってきます。
もしかしたらこのストレスが妊活には良くないのかもしれない…。状況が長引くごとにそう思ってしまうかもしれません。

不妊治療には段階がありますが、高度不妊治療と言われる「体外受精」などを検討している場合は、かなりの金額がかかります。

採卵などは状況をみて、日程を調整するので急に「この日に来てください」と言われることもあります。採卵で多くの卵が取れる人と、まったく卵が取れない人がいて、これも個人差によるのですが、まったく卵が取れない、少ない場合は採卵を年に数回する人もいます。そしてこの採卵の費用がとっても高額なのです。

辞めた場合は、この金額をどこから出すのか。何回まで行うのか、旦那様とじっくり話し合いをする必要があります。もし妊娠して、その後は専業主婦で働いてやっていけるのかどうか。

退職したい…

いろいろ考えたけど、もう限界。退職したい…って方。
自分で出した決断なら間違いありません。

一度退職されても、もう二度と働けないことはありません!

産後ゆっくりして、それからでもお仕事は見つけられます!
ママに特化した求人サイトがあります。

もし求人サイトにあるようなスキルが今ないなら、退職後にゆっくり妊活しながら資格やスキルを身に着けていくのもよいかもしれません。

主婦の在宅ワーク・内職の求人・バイト・お仕事情報ならママワークス
スキルを活かして在宅でテレアポ!時間や場所を選ばない新しいワークスタイルを応援する、主婦向け在宅ワーク(内職)の支援サービスなら豊富な求人情報の中から高時給・未経験OK・日払いなどあなたの希望の条件で簡単に検索が可能です!

私は、退職して職業訓練校に通い、就活してフリーランスとなり晴れて妊娠しました。
こちらも記事もお勧めです。

妊活のリアル小言 まとめ

どうしても今の職場が嫌なら、早く見切りをつける!治療のお金だけ貯めておく!
会社の福利厚生がよいのならリモートワークにしてもらう!
もし辞めても、スキルとやる気があれば、産後も仕事は見つけられる!
仕事をすることをあきらめなくてよい!

タイトルとURLをコピーしました